派遣社員に聞いた!派遣の定着率が低い理由と向上のためのポイント

派遣会社にとって登録した人に、長期で働いてもらうことは重要なことです。

派遣会社を使っていても急な退職が多かったり、期間が短かったりと悩みが多く、安定的に働いてもらえるスタッフがいる派遣会社の信頼は高くなるからです。

今回は実際に派遣会社を使い働いている側へインタビューをもとに、派遣会社の定着率を上げるために必要なフォローや体制についてお伝えしていきたいと思います。

目次[非表示]

  1. 1.派遣で働いたから分かる!なぜ定着しないのか?
  2. 2.人材派遣業にとって「定着率」はとても需要
  3. 3.フォローといってもさまざま。大切なポイントとは?
  4. 4.長く働きたいと思える派遣会社は就業前から誠実
  5. 5.定着率を上げるために気をつけなければいけない就業後のポイント
  6. 6.まとめ


派遣で働いたから分かる!なぜ定着しないのか?

まずは何が悪くて人は定着しないのか、インタビューしていきたいと思います。

-なぜ、派遣会社を辞めてしまうのでしょうか?
実際に私は、派遣会社をとおして3社の企業に派遣社員として働いてきました。そのなかで、仕事を辞める理由について自分自身の経験を振り返ったり、同僚に聞いてみたことがあります。
その結果、

  • 派遣先の企業の社風や仕事内容が合わない
  • 派遣会社の担当の方とソリが合わない
  • 派遣社員側に問題があるかも…

など、派遣先の会社、派遣として働いている側など誰が悪いとは言い切れませんでした。


人材派遣業にとって「定着率」はとても需要

派遣会社が悪いからという理由だけで人は辞めていないことが分かりました。しかし派遣会社にとって、人材の定着率を上げることは、クライアントに対しても会社の売り上げに対しても重要なことです。それでは派遣会社としてどのような施策をすることで定着率を上げていくことができるのでしょうか?

-いままで登録してきた派遣会社のなかで、ここが良いという会社はありましたか?
ひとつの会社で派遣社員として働いていたときのことです。そこの派遣会社では、登録している人たちのモチベーションが高く、企業に対しても愚痴ることなく前向きに働いていた方が、多かったです。しかしなかには、婚活の気分で働いている派遣女子社員も見受けられました。
同じ派遣会社から来ているとはいえ、考え方が全く違うと派遣社員同士でも人間関係に不満が出てきます。
そういったときに頼りになる担当者がいる派遣会社だと良いなと思います。
派遣の営業担当者から、細やかな心遣いをしてもらえると、派遣社員も気持ちが救われ、仕事をより頑張ろうと思います。
そして担当の人のためにも頑張ろうというモチベーションもできてきます。
しかし他の派遣会社では、親身になってくれていない会社もありました。そしてそういった営業担当さんの場合、不思議とほかの仕事もあまりうまく回っていないことが多いと感じています。
フォローをするさいに親身になってくれないので、派遣社員同士でもギスギスするようなことが多くなっていくからです。派遣社員はただ派遣先で仕事をするだけではなく、社風に合うように努めなければならない役割もあります。
私が良いと思う派遣会社は、そういった派遣先の雰囲気までしっかりと考えたフォローをしてくれる担当のいる会社でした。


フォローといってもさまざま。大切なポイントとは?

定着率を上げていくのに、登録者のフォローが大切ということは分かりました。しかし実際の業務は派遣先で行うため、なかなかコミュニケーションや相手への理解が難しいという場合もあるかもしれません。それでは、どういったフォローが大切になるのかポイントを聞いていきたいと思います。

-フォローは、どのようなことが大切だと思いますか?
まず派遣社員にとって重要なのは仕事内容だと思います。派遣会社の営業担当がなかなか親身になってもらえない方だと、仕事内容が本人に合っていないものを押しつけていました。
結局それがやりがいにつながらず、職場で不満ばかりためることになり、あげくにコミュニケーションも取りづらくなってしまう原因です。
派遣社員は、給料が高いことは理解しています。そのため派遣先の会社にいても肩身の狭くない仕事内容を任されることが大事で、それがかなわないと辞めることにもつながると感じます。

-業務内容以外にも、仕事について重要なポイントはありますか?
派遣先で仕事をしていく場合、派遣社員の立場の人は大きな企業で働かせてもらう機会が多くあります。そういったなかでは派遣社員のことを見下げた目で見る社員がいることも事実です。
しかしそれは派遣で働いていれば理解できていることです。
しかしその環境に対して、派遣の営業担当さんが企業側のご機嫌取りだけに走られているように見えると信頼をしたくなくなります。
もちろん企業側が大切なのも理解しています。そのためフォローなどのコミュニケーションの場だけでも、毅然とした態度を見せてもらえるとうれしいです。

-派遣の担当者とのコミュニケーションで、重要なポイントはありますか?
派遣社員は、派遣の営業さんともきちんとしたコミュニケーションを取りたいと思っています。しかし馴れ馴れしい態度をすることが良いコミュニケーションと考えている担当さんが、男女問わずいらっしゃいました。
またエスカレートしていくと、デリカシーのない発言も多く、派遣社員は仕事に対しての意欲も失われていくことも感じました。
実は、派遣社員同士の雑談でも、そういった担当の話題が愚痴として話される光景を見ることがよくあります。
コミュニケーションで何よりも大切なのは、「安心して話せる」ということだと思います。


長く働きたいと思える派遣会社は就業前から誠実

定着率を上げていくには、フォローが大切なのは理解できました。そして、漠然と仲良くなるといったフォローではなく、しっかりと登録者自身を見ることが重要です。定着率が高い派遣会社と定着率が低い会社では何が違うのかを聞いていきたいと思います。

-それでは担当ではなく、会社として定着したいと思える派遣会社の違いを教えてください。
私が数社の派遣会社に登録して働くなかで、やはり真面目な派遣会社の営業担当さんがいる会社は、派遣先もいろいろな面で優良企業が多いと感じられたと思います。その反面働きだしてからも問題が絶えず、職場の雰囲気から仕事への意欲がそがれるような会社もありました。
そういった会社は、面接の段階から真面目で誠実な会社であるかどうか分かる空気感があります。
また派遣社員へのサポートがきちんと教育されている会社なのか、そうでないのかは定着したいと思える重要なポイントです。しっかりと教育や研修制度がある派遣会社に対しては、業務への責任感を持て、私たちも頑張ろうと思えてきます。
派遣会社が定着率をアップさせたい場合は、働く前から誠実さを感じさせてもらえると、派遣社員の立場からすると、ありがたいなと感じます。
そうすることで会社から離れてしまう前に、相談が来るようになるのではないでしょうか。


定着率を上げるために気をつけなければいけない就業後のポイント

定着率を上げていくには、実は登録の段階からしっかりとした姿勢を見せることも重要ということが分かりました。それでは就業後のポイントについてもインタビューしていきたいと思います。

-就業後のフォローとして重要なポイントはありますか?
たまに職場に顔を出すことが重要と考えている担当もいますが、それは違うと思います。逆に身近な方に話しにくい内容もあるので、「相談できる」環境があることが重要だと思います。

--顔を出すことが重要ではないのは意外ですね。なぜでしょうか?
私が仕事をした経験では、派遣の営業担当さんが誠実であることが重要だと思うからです。特に深いコミュニケーションや、馴れ合いが欲しいわけではなく、仕事の相談できる安心感が欲しいのです。
私が派遣社員だったときも相談環境はあっても、情報が洩れるかと思うと心配で話せないことがありました。
「絶対に安心」と思って相談できる環境が整っていることが重要なのだと思います。

-派遣社員同士での情報交換のなかで話題になることはありますか?
同性の場合は別な派遣会社だったとしてもいろいろと話しますし、派遣先によって大勢の派遣社員が働いているところもあります。そうなると各派遣会社の評判が立つことになり、あちらがいいとかいった噂で、私も気になったことがありました。
いいも悪いも人の感情と関係しているので、全てが正しいことではないと思います。しかし口コミで評判が良い会社に、人は流れやすいと思います。
仕事でのミスがあったときや、フォローがないときに、そういった評判の良い派遣会社へ移ろうかなと考えてしまいます。

-ほかに何かすぐできる改善のポイントはありますか?
とても小さなことですが、連絡が迅速な派遣会社は信頼できます。
派遣会社を通じて派遣先に連絡をしてもらいたい場合なども、電話対応がきちんとされていて、その後迅速に内容が伝わっていると感じると、信頼できます。
働いていく上で派遣会社や営業担当さんに信頼が持てるというのは、とても大事なことだと実感しています。
それによって会社を辞めるときにも、歯止めになることがあると思います。

-ほかに制度などで定着率を上げる方法はあるのでしょうか?
私としては、教育環境やアドバイスがあるとうれしいです。
派遣社員で働いていくなかで、このままでいいのかと悩みます。
自分にとっていい環境や合う仕事をしたいのですが、なかなかそれが自分でも分からず、実力も伸ばせないということもあります。
派遣社員は給料がいいという面を魅力的に思い、仕事に就く人も多いと思います。しかしその後の実力アップのための教育環境、それをアドバイスしてくれる担当がいれば、働きがいもありますし、定着したいと思えると思います。


まとめ

今回は派遣社員として長く働いている方に定着率を上げるために重要なポイントをインタビューしてきました。
コミュニケーションやフォローというと、人間的な部分が多く、人それぞれに求めることが違うため分かりづらいことも多いかもしれません。
しかし一番大切なのは、早い対応と誠実な対応の2つのポイントだと分かります。そして何よりも安心して相談できる環境を整えるというのが重要になるのではないでしょうか。
そういったさいに、定着率改善支援アプリである「テガラみる」を利用いただくことで、一人ずつのスタッフと安心できるコミュニケーションの場を構築することができます。
​​​​​​​ぜひ、定着率で悩んでいる派遣会社の方は活用してみてはいかがでしょうか。

採用した人が、辞めない。
そんな会社を目指しませんか?

新卒社員の「配属後」も、みんなで守ってあげたい。
本当はもっとメンバーをフォローしてあげたい。

株式会社テガラミル

〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-1-3
東京宝塚ビル7F
TEL 03-3569-0056
FAX 03-3569-2792

事業内容

離職防止ソフトウェアの開発・販売・コンサルティング
採用プロセス最適化
人事コンサルティング
人事業務支援